電子署名とタイムスタンプの検証

1 電子署名とタイムスタンプについて

 官報情報検索サービスでは平成15年7月15日付官報から、日付検索のイメージ表示で表示される官報紙面のPDFに、電子署名およびタイムスタンプの付与を行っています。 タイムスタンプについては、平成18年6月1日付官報より、時刻配信業務及び時刻認証業務の認定を受けたタイムスタンプ方式に変わりました。

  • 電子署名
     従来の手書きによる署名や押印に代わるもので、電子文書の改ざん検知を可能にし、誰が作成した文書であるかを証明する技術です。
  • タイムスタンプ
     電子文書の確定時刻を証明する技術で、その文書がいつから存在しているのか、ということと、その時点から第三者だけでなく作成者本人にも改ざんされてないことを証明するものです。

2 必要な環境

 電子署名の検証にはAdobe Readerの設定の変更、タイムスタンプの検証にはタイムスタンプ検証プラグイン(無料)のインストールが必要です。

3 署名の検証方法

 署名検証のためには、Adobe Readerの設定を変更する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

4 タイムスタンプ検証プラグインのダウンロード

 タイムスタンプ検証プラグインは、ここからダウンロードできます。検証の方法については、インストールした後プラグインのマニュアルを参照してください。
 なお、タイムスタンプ検証プラグイン(e-timing EVIDENCE Verifier)はアマノ株式会社の製品です。お問い合わせはアマノビジネスソリューションズ株式会社へお願いします。

タイムスタンプ検証プラグインのダウンロード タイムスタンプ検証プラグインのダウンロード


 平成24年2月20日付官報から、日付検索のイメージ表示で表示される官報紙面のPDFのタイムスタンプ(アマノタイムスタンプサービス3161)のRoot-CA証明書が変更になりました。平成24年2月20日発行分以降のデータを検証するためには、新たにアマノビジネスソリューションズ株式会社のサイトから証明書をダウンロードしていただく必要があります。

 Root-CA証明書のダウンロード